リボ払いの借り換えを相談したい人必見

リボ払いを銀行カードローンに借り換えするなら

リボ払いとは

便利なはずのリボ払いが

多額の買い物をクレジットカードで購入した場合、後からやってくる支払いが大変になるのですが、こんな時に便利なのがリボ払いで、月の返済額を少額にし、返済を先送りにすることができます。

 

クレジットカードの利用者にとってはこんなにありがたいサービスもなく、返済が少し負担に感じる際には多くの人が利用しますし、クレジットカード会社のほうでも、先送りにした残金にはさらに利息が発生しますので、こんなに都合の良いサービスもないのです。

 

つまり、クレジットカードの利用者にも提供者にも都合の良いサービスで、最近では、リボ払い専用カードも提供されていますし、クレジットカード会社のほうもリボ払いの宣伝を盛んに行っています。

 

ところが、この便利で都合の良いはずのサービスが、利用方法を間違うと利用者にとって取り返しのつかないような大きな負担になってしまうこともあります。

 

毎月の返済額が少ないからといって、リボ払いでカード利用限度額いっぱいまで買い物に利用したり、あるいは、高額商品を購入したりすると毎月返済はしているものの残高がなかなか減らないという状況に陥ります。

 

【リボの借り換えならオリックス銀行がおすすめです】

 

リボ払いの仕組みとは

非常に多くの人に利用されているリボ払いですが、その仕組みについて理解している人はそれほどいないというのが実情でしょう。

 

返済が楽になるからとか、ポイントが余分にもらえるとかいう理由で利用している人も多いでしょうし、クレジットカードで支払うと自動的にリボ払いになったり、前述のリボ払い専用カードもあるくらいです。

 

通常、クレジットカードの返済方法には、最も多くの人が利用する手数料なしの一回払い、同様に次のボーナスで一括して支払う手数料なしのボーナス払い、支払い回数を決めて分割して支払う手数料ありの分割払いがあります。

 

そして、4つ目の返済方法としてリボ払いがあるわけですが、上記3つの返済方法と比べると、毎月一定額を分割して支払う最も手数料のかかる返済方法となります。

 

簡単に言うと、分割払いをさらに発展させたもので、分割払いは商品ごとの支払い回数が決まっていますが、リボ払いは利用するたびに合算されますので、いつになったら支払い終わるのかがわかりにくくなります。

 

リボ払いには大きく分けると2つの種類があり、支払い残高にスライドして返済額が増減する残高スライド方式と、支払い残高に関係なく毎月一定額を支払う定額方式があり、特に、定額方式の場合には注意が必要となります。

 

定額方式の場合には、追加でリボ払いを利用しても毎月の返済額は定額のままですので、残高は増えても返済額は変わらず少額のままですので、支払い回数が増えることになり利息負担がその分重たくなるのです。

 

リボ払いのメリットとデメリット

リボ払いには、利用者にとっては大変便利なメリットもあるのですが、デメリットもいくつか存在していますので、利用の際には十分サービス内容やメリット・デメリットを理解したうえで利用したいものです。

 

リボ払いのメリットには、リボ払いを利用することでポイントアップや旅行保険が付与されるなどの特典があることが多くあります。
クレジットカード会社にとっても儲かるビジネスですので、手厚い特典が提供されます。

 

また、毎月の返済額が少額でしかも定額のため、管理がしやすく、さらに、先々に購入を予定していたような高額商品でも返済を気にせずに購入することができます。

 

ボーナスなど将来のまとまった現金が当てにできる一括返済が可能な人にとっては、非常に便利な返済方法の一つとなります。

 

これに対してデメリットとしては、毎月の返済が少額なために返済期間が長期間となり残高が減りにくくなります。

 

支払い残高が減りにくいということは、その分だけ金利手数料などの負担が大きくなります。

 

また、一括返済できるあてのある人にはメリットとなるのですが、多くのクレジットカード会社でリボ払いの繰り上げ返済の手続きは非常に面倒で手間がかかります。

 

 

リボ払い返済生活から抜け出す方法

 

借金返済のコツとは

リボ払いを繰り返し利用していると、返済が少額で利息負担は大きくなりますので、気が付いたら大きな支払い残高になっていたなどということが良く起こりえます。

 

借金を完済するコツとは、利息負担をなるべく小さくして短期間で返済することが重要だと昔から言われていますが、リボ払いはこの全く逆をいくサービスとなるのです。

 

支払い残高が小さい間や一括返済できる場合にはそれほど気にする必要はないのでしょうが、支払い残高が結構な金額であるにもかかわらず、ほとんど減少しない場合にはリボ払い生活から抜け出す方法を考えなければなりません。

 

リボ払い生活から抜け出すには

一括返済できないまでも支払える分は繰り上げ返済で早期に支払うことが重要です。
繰り上げ返済手続きが面倒な場合も多いのですが、先々の利息負担を考えれば払える分はすぐに支払っておくほうがお得です。

 

余裕があればリボ払いの支払い設定金額を上げることも有効ですが、余裕がなければかえって逆効果となる可能性も高く、繰り上げ返済に徹したほうが確実に支払い残高を減少させることができるでしょう。

 

クレジットカードの利用限度額は必要最低限にしておきましょう。
リボ払いでも利用限度額以上は利用できませんので、最悪の手段として有効です。
ただし、限度額は気づかないうちにアップしていることもありますので注意が必要です。

 

早期返済に徹して利息負担を少なくするのが借金返済のコツですから、クレジットカードの正しい利用方法も1回払いが最もよいということで、リボ払いをやめて1回払いのみの利用に切り替えましょう。

 

良い機会だととらえて生活の見直しを行い、格安スマホで通信費を抑えたり、遊行費や交際費を削って少しでも多くの現金を返済に回せるように努力しましょう。
企業であれば必ず行われるコスト削減を個人でも実施したいものです。

 

 

リボ払いの金利を減少させる方法

ボーナス払いの活用

リボ払いとは、クレジットカード会社にとってはドル箱ともいえる存在で、非常に利用しやすくなっており、「あとからリボ払い」などといって、1回払いやボーナス払いを利用した場合にもあとからリボ払いに変更することもできます。

 

これに対して、あまり理解されていないのですが、実は利用者にとって非常に有利なサービスであるのがボーナス払いで、多くのケースで手数料なしで長期間の利用代金を一括払いすることができます。

 

つまり、支払いが不安だからと考えて後々利息負担がきつくなるリボ払いに比べると、ボーナス払いの場合には利息負担がゼロで済まされるのです。

 

もちろん、ボーナス期には一括で返済する必要はありますが、どうしても一括返済が厳しくなった場合には、最悪でも「あとからリボ払い」のサービスを利用すればよいわけです。
返済できる分だけは利息負担はなくなりますので、これでも非常に有効です。

 

ボーナス払いというと、ボーナスがないので利用できないと考える人もいるでしょうが、実際にはボーナスは支給されていない人でも返済に問題がなければ利用することが可能ですので、是非とも検討したいサービスです。

 

いまあるリボ払いの残高を早期に返済して、1回払いやボーナス払いの利息負担のないサービスに切り替えることで生活に余裕を取り戻すことができるはずです。

 

究極の方法は、銀行カードローンに切り替えること

通常、リボ払いの金利は15〜18%というところですが、もう一つリボ払いの金利を減少させる究極の方法があります。

 

個人向け金融商品には、クレジットカードのリボ払いに匹敵するような金融機関が力を入れている商品があります。
毎日TVCMで見ない日はないといってもよいその商品とはカードローンです。

 

特に人気なのが、低金利を売りにする銀行カードローンで、リボ払いの支払い残高を低金利の銀行カードローンに切り替えることで、金利負担を減少させられることがあるのです。

 

この方法は、リボ払いによる支払い残高が大きい人ほど有効な方法となり、銀行カードローンは借入額が大きくなるほど適用金利が低くなるという特徴がありますので、場合によっては大きく利息負担を減少できる可能性もあります。

 

クレジットカードにもキャッシングという方法がありますが、一般的には金利が高いためにそれほどのメリットが出ないことのほうが多くなります。
カードローンで借り換える際には低金利ということが絶対的な条件となります。

 

リボ払いを銀行カードローンに借り換えるメリット

クレジットカードのリボ払いには、繰り上げ返済する際の手続きが面倒であるという問題があるのですが、出し入れ自由の銀行カードローンであればいつでも繰り上げ返済が可能です。

 

また、クレジットカードのリボ払いの繰り上げ返済では、返済時に振込手数料等が発生するケースもありますが、銀行カードローンであれば原則手数料なしでいつでも繰り上げ返済可能です。

 

リボ払いで返済が難しくなった場合に、なかなか相談する相手がいないという場合も多くあり、本当に借り換えたほうが良いのかどうか自分では判断できない場合もあるでしょう。

 

その点、融資のプロフェッショナルである銀行の場合には、担当者に現状を説明してカードローンに借り換えた場合にお得かどうかを相談すれば、最適な方法をアドバイスしてくれるはずです。

 

ただし、銀行カードローンといっても必ずしも低金利ではない商品もありますし、また、リボ払いの支払い残高が少ないケースではそれほど有効でないこともありますので注意が必要です。

 

 

リボ払いを銀行カードローンに借り換えするなら

オリックス銀行カードローンがおすすめ

銀行としては後発組となりますが、ネットバンキングとして人気のオリックス銀行カードローンがリボ払いにはおすすめです。

 

リボ払いをオリックス銀行カードローンに借り換えたケースでは、どれほどのメリットが期待できるでしょうか。

 

オリックス銀行カードローンの特徴は、最大利用限度額800万円の適用金利1.7%〜17.8%の商品で、オリックス銀行に口座がなくても申し込むことが可能です。

 

オリックス銀行の場合、契約コースが100万円未満だと最大金利が17.8%となっていますので、リボ払いの金利が15%の場合にはそれほどメリットを享受できないという可能性もあります。ただし、12%という可能性もありますので、このあたりは契約利率がどの程度になるのかによって利率面でのメリットが左右されると言って良いでしょう。

 

また、金額的にそれほど大きな金額でないならそもそもリボ払いをカードローンに借り換えてもさほどのメリットは出てきませんので、この点は致し方のないところだといえます。

 

しかし、オリックス銀行カードローンの場合、融資額が大きくなるほど金利は引き下げられますので100万円以上の場合には利息負担が軽減されることになります。

 

融資額基準金利
100万円未満12.0〜17.8%
100〜150万円以下6.0〜14.8%
150〜300万円以下5.0〜12.8%
300〜500万円以下4.5〜8.8%
500〜700万円以下3.5〜5.8%
700〜800万円以下1.7〜4.8%

 

オリックス銀行カードローンの金利は、100万円超150万円以下で最大14.8%、150万円超300万円以下だと最大12.8%となり、こちらの場合にも金額が大きくなるほどメリットを享受できる可能性が出てきます。

 

また、ネットバンキングであるオリックス銀行は自社ATMなども設置されていませんが、コンビニATMなどの提携先ATMが全国に約97000台以上あり、手数料無料でいつでも利用することができます。

 

これらの低金利な銀行カードローンに借り換えることで総支払金利負担を小さくでき、さらにいつでも手数料無料でできる繰り上げ返済を増やせれば、相乗効果で支払い残高を減少させていくことができます。

 

【オリックス銀行公式サイトはこちら】

※オリックス銀行の場合、リボ払いのみ借り換え可能です。