借り換えを相談するならこんなところ(カードローン編)

カードローンの借り換えならみずほ銀行が有利です

カードローンはショッピングや生活費で困った時にお金を借りることができるのでとても便利です。特に引き落としが翌月以降になるので、今月の支払いが難しい場合でもやりくりが効くので人気があります。

 

しかし便利だからといってもカードローンには限度額が決まっており、当たり前ですがそれ以上は借りることができません。もし緊急にお金が必要な場合は、別のカードローンでお金を借りることになります。これを何度か繰り返しているうちに借金の総額が膨れあがり、毎月の返済ができなくなるケースがかなり多いのです。

 

そうならないためには計画的にカードローンを利用することです。しかしカードローンで借金を抱えてしまった場合、返済はどうしたらよいでしょうか?

 

そんな時によく使われるのがカードローン借り換えという方法です。

 

これは高金利のカードローンを低金利のカードローンに借り換えることで金利負担を軽くするやり方です。

 

例えば消費者金融からお金を借りている場合、借り入れ金額が100万未満だとします。この場合はまず金利は18%程度での設定となっているはずです。少額融資であれば金利は上限金利付近での設定となるためです。
このような上限金利が高い消費者金融で借り続けていると、利息の負担だけでも馬鹿になりません。利息だけ返して元本がなかなか減らずといった状況になりかねないのです。こうした場合に銀行カードローンに借り換えをすれば、利息が軽減される可能性が出てきます。返済総額を減らすことができるということです。

 

これが借り換えの最大のメリットです。

 

ただし金利の安い金融機関に借り換えるのが必須条件です。例えば今借りているところの金利が18パーセントなら、借り換える際はそれよりも低い金利でなければ借り換えの効果はありません。

 

もし借り換え先のカードローンの金利が15パーセントなら、借り換えによって金利が3パーセント低くなるので、その分の返済総額が減ることになります。では、どの金融機関に借り換えたらいいかというと、そこでおすすめなのが銀行です。銀行のカードローン金利は消費者金融よりも低くなっていることが多いからです。

 

数ある銀行の中でどこのカードローンで借り換えをするかですが、それはみずほ銀行あたりがおすすめです。

 

なぜかというと、みずほ銀行はメガバンクでありながらカードローン金利は業界最低水準だからです。またみずほ銀行のメリットは、返済金額と返済期間を再設定できることです。自分の収入状況に合わせて毎月返済できる金額を決めることが可能なのです。

 

もちろんほかにもありますが、カードローンの借り換えであればみずほ銀行が有利なのは確かです。